通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 符号 > 文字 > 符号 > コード化技術
URO
辞書:通信用語の基礎知識 通信技術文字用語編 (CTCHRY)
読み:ユーアーオウ
外語:URO: Unified Repertoire and Ordering
品詞:名詞

UnicodeISO/IEC 10646基本多言語面(BMP)領域にある漢字文字領域の一つ。また、そこにある漢字のこと。

目次
概要

Unicode 1.0.1として、最初から存在する漢字領域と漢字文字である。

この漢字表は、当時のCJK-JRG(CJK Joint Research Group、現IRG)によって策定された。

The Unicode Standardによれば、1992(平成4)年3月27日にURO Version 2.0が完成し、これがUnicode 1.0とISO/IEC 10646-1:1993にそれぞれ採用された、としている。

特徴

BMPの、U+4E00〜9FFFの範囲が該当する領域である。

文字が定義されているのは、次の範囲である。

残るU+9FCD〜U+9FFFの範囲(54字分)は、現時点では未定義である。

リンク
関連するリンク
グリフウィキ CJK統合漢字URO
用語の所属
Unicode
ISO/IEC 10646
関連する用語
基本多言語面
CJK統合漢字
CJK統合漢字拡張A
CJK統合漢字拡張B
CJK統合漢字拡張C
CJK統合漢字拡張D
CJK統合漢字拡張E

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic