通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 無線交信 > 無線工学 > 電波 > 電波帯域
UWBローバンド
辞書:通信用語の基礎知識 無線技術物理層編 (WCPMD)
読み:ユーダブリュービー-ローバンド
外語:UWB low band
品詞:名詞

超広帯域無線(UWB)用の電波帯域のうち、低周波であるもの。

目次
概要

アメリカではUWB用帯域として3.1GHz〜10.6GHzが利用可能で、他国はこの一部の帯域を使う。

ただし、5GHz〜6GHz付近は無線LANなどで使われており、この既存無線設備との干渉を避ける必要がある。そこでこの帯域を境としてUWBローバンドとUWBハイバンドに分離している。

うち、UWBローバンドは、次の周波数帯である。

特徴

現在、UWBローバンドはTransferJetなどの応用がある。

UWBローバンドは将来的に第4世代携帯電話WiMAXなどとの帯域競合が見込まれるため、2011(平成23)年以降は干渉軽減機能(DAA)の装備が義務付けられている。

リンク
用語の所属
超広帯域無線
関連する用語
UWBハイバンド

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic