通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > プロトコル > 階層分類 > 下位層 > 物理層(信号・符号) > 伝送方式 > 信号多重化
通信 > 装置・設備 > WAN > 光伝送・光ファイバー
WDM
辞書:通信用語の基礎知識 通信手順物理層編 (CPPMD)
読み:ダブリューディーエム
外語:WDM: Wavelength Division Multiplexing
品詞:名詞

波長分割多重通信方式。光ファイバー内で信号を多重化することで、容量を数倍から数十倍に向上させる伝送技術。

概要

波長を僅かにずらした伝送波(光信号)を重ねて多重化することで、1本の光ファイバーケーブルで同時に何重もの情報を伝送することが可能となる。

光ファイバーにおける信号の多重化技術としては、比較的古くから利用されてきている。しかし利用可能な光波長には限りがあるため、この方式のみでの広帯域化は困難な状況になってきている。それを解決すべく、最近はOTDMOCDMが開発されてきた。

WDMの多重化及び分離には、合波器、分波器を用いる。

リンク
関連する技術
光ファイバー
関連する用語
CWDM
DWDM
WDMファイバーチャネル
OTDM
OCDM

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic