通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 団体・事業者 > 回線・ネットワーク組織 > IX
dix-ie
辞書:通信用語の基礎知識 通信団体編 (CYORG)
読み:ディクシー
外語:dix-ie: Distributed IX in EDO
品詞:固有名詞

WIDEプロジェクトによる商用インターネット相互接続実験NSPIXPの接続ポイントの一つ。旧称「NSPIXP-2」。

目次
概要

当初、「NSPIXP-2」の名で東京大手町の東京KDD(現KDDI)大手町ビルに設置されたが、IPv6への対応、東京都内の複数拠点での相互接続を実施し接続点の分散化に関する研究開発を進め、2003(平成15)年3月から都内6拠点で分散運用の本格運用が開始された。

この分散運用開始にあわせ、名称が従来の「NSPIXP-2」から「dix-ie」に変更された。

各NOCは光ファイバーで接続され、10GbEなどの技術により、4Gbps〜10Gbpsの帯域で相互接続が行なわれている。

特徴

dix-ieの拠点は次の6ヶ所である。

リンク
用語の所属
IX
NSPIXP
関連する用語
WIDEプロジェクト
NSPIXP-2

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic