通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
通信 > 用語・俗語 > コミュニティー > インターネット > Web > Webコミュニティ > 2ちゃんねる > おーぷん2ちゃんねる
kome
辞書:通信用語の基礎知識 通信団体編 (CYORG)
読み:こめ
外語:kome
品詞:団体組織名

矢野さとるにより開発された、ニコニコ動画風のチャット機能であり、時間泥棒である。おーぷん2ちゃんねるなどで利用できる。

目次
概要

Webブラウザーの画面内を、ニコニコ動画のコメントのようにチャットの会話や画像が流れる機能。

また、コメントの読み上げ機能も搭載されている。

JavaScriptとWebSocket/Socket.IOで実装されているようである。

沿革
特徴
文字

文字を書いて投稿できる。

2016(平成28)年5月19日までは、流れる速さを、「早」「中」「遅」で選択可能だった。

音声読み上げをONしてあれば、この言葉は自動で読み上げられる。

画像

手持ちの画像を投稿することができる。

画像は自動的にimgurにアップロードされる。

お絵かき

2014(平成26)年4月23日に、200×80ピクセルと、小さいながらも絵を描いて送信可能な機能が付いた。

当初、線を書きながら画面からはみ出すと誤作動するなどのバグがあり、長く放置されていたが、2016(平成28)年5月19日に遂に修正された。

Room

チャットルームに相当する部屋は、複数用意されている。

板メニューやスレから利用することが想定されており、特定のスレ専用の話をしたり、板ごとの話をしたりも可能なようになっている。

ただし2014(平成26)年4月時点では、全共通(all)と、スレ専用で機能しているのは艦これスレだけであり、板別はほぼ機能していない。

読み上げ

かなりの日本語を読み上げることができる。英語なども一部だが読める。

読める例

微妙に読めていない例

読めるようになった例

読み方が意味不明な例

読めない例

状況

方言の話題で話をしていたら、突如、九州弁で読み上げる機能が搭載された。

英語も一時期は読み上げられたが、あまり正確では無かったためか、その後なくなり単にアルファベットを読み上げるだけとなった。

wは最初はダブリューと読まれていたが、要望に対応して「わら」と読まれるようになった。

リンク
関連するリンク
komeヘッドライン
こめログ
用語の所属
おーぷん2ちゃんねる
関連する用語
チャット

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic