通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

いとこ

辞書:文化用語の基礎知識 生活と文化編 (LLIFE)
読み:いとこ
外語:cousin 英語
品詞:名詞
2008/11/08 作成
2008/11/09 更新

自分のきょうだい(兄弟姉妹)が産んだ子。本人に対し四親等であり、傍系である。自分と同世代の親族となる。

「いとこ」は親の兄弟姉妹の子であるため、本人およびその兄弟姉妹から見て、祖父母との間の一代が違うだけである。

つまり、祖父母から見ればであり、とその配偶者が違うだけで、血縁的には近い。

表記

「いとこ」のうち、男を一般に「従兄弟」、女を一般に「従姉妹」という。

兄・姉・弟・妹という字を二字組み合わせると12通りがあり得るが、年上優先、次いで男優先で書かれるため、実際には次の6通り、従兄姉、従兄弟、従兄妹、従姉弟、従姉妹、従弟妹、がある。

それぞれ、本人より年上を従兄、従姉といい、本人より年下を従弟、従妹という。

従兄姉妹などの組み合わせも可能だが、これを「いとこ」と読むのかは定かではない。

全てを組み合わせると「従兄弟姉妹」となる。

続柄

いとこの親は、本人に対し、「おじ」または「おば」である。

いとこの親の親(祖父母)は、本人と同様に「祖父母」である。男は祖父(お爺さん)、女は祖母(お婆さん)である。

いとこの子は、本人に対して「いとこちがい」(いとこ違い)である。漢字では、従兄弟違、従姉妹違、従兄妹違、従姉弟違、などと書ける。男女別で対応する和語はないが、漢語でそれぞれ、男を従甥(じゅうせい)、女を従姪(じゅうてつ)という。

結婚

日本の民法では、傍系は三親等内が近親婚とされ、結婚が認められていない。

しかし、いとこは傍系の四親等となるため、民法上は近親婚とならず、結婚が可能である。

用語の所属

親族

関連する用語

親等

きょうだい

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.00h (26-Jul-2014)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club