通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

下車前途無効

辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道編 (RAIL)
読み:げしゃ・ぜんとむこう
品詞:名詞
2013/06/12 作成

途中下車はできず、もし途中駅で降りた場合は乗車券類は回収され、残区間の運賃料金の払い戻しは行なわれないということ。

目次

「下車前途無効」と書かれている乗車券では、改札を出た時点でその乗車券は無効となる。そうでない乗車券の場合は、途中で改札を出ても再度入場できる。

日本の場合、鉄道運輸規程で途中下車を認めているため、JRも旅客営業規則において原則として途中下車を可とし、不可条件を別途定めている。

具体的には次のような意味であり、乗車券類購入時に結ばれた鉄道会社との旅行契約を利用者側から一方的に破棄する、つまり旅行中止であることを意味する。

  • 下車 ‐ 改札を通って駅から出ること。途中下車
  • 前途 ‐ その駅から目的地までの道のりのこと。つまりその駅から券面上の終着駅まで
  • 無効 ‐ 乗車券類(切符)としての効力がなくなる

結果として下車前途無効とは、途中で下車した場合は、その切符では本来の目的地まで行くことが出来なくなり、その場合は新たな切符を別料金で購入する必要がある、ということになる。

関連する用語
途中下車
ラチ外乗り継ぎ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club