通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アルミニウム電解コンデンサー

辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:アルミニウムでんかいコンデンサー
外語:aluminum electrolytic capacitor 英語
品詞:名詞
2005/10/18 作成
2009/08/23 更新

アルミニウムを原料とした電解コンデンサー。極性あり。

目次

安価で一般的な電解コンデンサーが、これである。

安価で大容量で高圧に耐える。静電容量は0.1µF〜15000µF程度まで、定格電圧は500V程度まである。但し比較的誤差が大きい。

またESR(等価直列抵抗)が大きく周波数特性などに難があり、高周波には使えない。このため電源部に主に使われる。

電解コンデンサーである以上、陽極と陰極を間違ったり、高電圧を入力すると、爆発し完全に破壊される。

一般には開放モード(オープンモード)で壊れるので、故障しても回路がショートすることはない。しかし爆発させると後が大変なので、耐圧なども余裕を持たせて使うべきであろう。

用語の所属
コンデンサー
電解コンデンサー
関連する用語
開放モード
アルミニウム

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club