通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

塩酸ナファゾリン

辞書:科学用語の基礎知識 薬学・一般薬編 (BPHARI)
読み:えんさん・ナファゾリン
外語:Naphazoline Hydrochloride 英語
品詞:名詞
2005/04/23 作成
2012/04/12 更新

科学用語の基礎知識・医薬品情報

自身の健康問題や、副作用への対応方法等に関しては、専門の医療機関にご相談下さい。

本項目は、情報の提供のみを目的としています。免責事項もご覧ください。

血管収縮剤。点鼻薬や点眼薬に使われる。「ナファゾリン塩酸塩」とも。

基本情報

  • 分子式: C14H14N2·HCl
  • 分子量: 246.74
  • 比重: (該当資料なし)
  • 融点: 240℃〜260℃
  • 沸点: (該当資料なし)
  • CAS番号: 550-99-2
  • ICSC番号: (登録なし)
  • 化学名: 2-(Naphthalen-1-ylmethyl)-4,5-dihydro-1H-imidazole monohydrochloride

塩酸ナファゾリン
塩酸ナファゾリン

誘導体、関連物質の例

  • ナファゾリン
  • 硝酸ナファゾリン

作用機序

血管を収縮させる。

これにより、点眼であれば結膜(白目部分)の充血の抑制、点鼻であれば鼻粘膜の膨張を縮小させ鼻づまりの改善、傷薬として止血、などの効果がある。

しかし身体依存性が高く、多用すると逆効果にもなる。

副作用など

効果は劇的であり、感動的ですらある。鼻が詰まり呼吸困難であっても、点鼻スプレーを一吹きするだけで瞬く間に症状は改善する。

使用時の刺激が強いこともあるが、それ以前に身体依存性が非常に強い。

連用すると鼻の粘膜の肥厚が発生し、ナファゾリンを使用してこれを抑えなければ呼吸ができなくなるという、身も蓋もない問題が発生する。ある種の離脱症状である。長期連用は避けなければならない。

規制区分

  • 第二類医薬品
  • 一般用医薬品
  • ナザール「スプレー」 (佐藤製薬)
  • ナザールブロック (佐藤製薬)
  • アルフィット鼻炎スプレー (旧、アルガードCT鼻炎スプレー) (ロート製薬)

関連する用語

血管

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.00h (26-Jul-2014)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club