通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

アンテナ

辞書:電算用語の基礎知識 ソフトカテゴリー編 (PTSOFTC)
読み:アンテナ
品詞:名詞
2002/03/14 作成
2008/04/16 更新

定期的に、指定したWebページの最終更新時刻を調べるするソフトウェアのこと。

目次

もっぱら日記(あるいはブログ)の更新情報を自動取得するのに使われる。多くの日記やブログを巡回している場合、更新の確認をするだけでも一苦労であるが、これを自動化するソフトウェアということになる。

「アンテナ」という名の由来は、日記という電波を受信するため、という説がある。

アンテナシステムの草分け的存在に、「朝日奈夕子のアンテナライフ」に於いて使われている「朝日奈アンテナ」というものがある。

ときめきメモリアル」のキャラに、「流行に敏感で情報通」の朝日奈夕子という娘がおり、ときメモのボーカル曲集で彼女が歌った歌の一つが「アンテナライフ」というタイトルである。これがシステムの名前の由来となっている。

関連するリンク
朝日奈アンテナ

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club