通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

クラリファイヤ

辞書:通信用語の基礎知識 無線技術用語編 (WCYOGO)
読み:クラリファイヤ
外語:clarifier 英語
品詞:名詞
2006/06/14 更新

SSB受信機で、局部発振器の発信周波数を変化させ、受信周波数の微調整(ファインチューニング)を行なう機能。

SSBでは、同調点から僅かにずれただけでも音が歪んで上手く受信できなくなってしまう。

しかし局部発振器の周波数で調整してしまうと、受信だけでなく、こちらからの送信の周波数も同時に変わってしまうため具合が悪い。

そこで、受信周波数だけを微調整できるクラリファイヤで調整を行ない、受信信号の明瞭度を良くする。この回路はRIT(リット)とも呼ばれる。受信中に再び音が歪んできたら随時クラリファイヤによって調整を行なう。

現在のトランシーバーは局部発振器の精度が高く、周波数変動をおこすことは少なくなってきた。

関連する用語

SSB受信機

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.00h (26-Jul-2014)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club