通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

WM-PORT

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術接続編 (CTIF)
読み:ダブリューエムポート
品詞:名詞
2011/09/14 作成
2011/09/15 更新

ソニーのデジタルオーディオプレーヤー型ウォークマンに搭載されている、周辺機器接続用のコネクター。

端子数は22ピン。薄く、横長のコネクターである。

かつて、ウォークマンAシリーズと呼ばれたNW-A3000/NW-A1000にあった42ピンを小型化したものだが、相互に互換性は存在しない。

この端子には、充電用の電源入力(5V)のほか、リモコン用と思われる電源出力(4V)、USB、シリアル、ライン入出力などの端子が付けられており、様々な用途に使うことができる。

2006(平成18)年の製品から搭載しているが、2008(平成20)年9月8日からはサードパーティーに対して仕様の公開を開始した。

一般には今も仕様を公開していないが、2ちゃんねるの有志が解析に成功しており、その功績はいまや世界中に広まっている。

配線

台形(D型コネクター)で、端子が横一列に並んでいる。端子には長いものと短いものがある。

01: L: GND

02:S :

03:S : USB data +

04:S : USB data −

05: L: USB GND

06: L:

07: L: USB 5V input / 90mA slow charge

08:S : serial input (RxD) / WAKE

09:S : function-check [←Rx→01,22pin(GND)]

10:S : serial output (TxD) / SLEEP

11:S : USB-connect (07pin(+5V)) / slow charge only (open)

12: L: 4V-output

13:S : audio-left-input

14:S : audio-left-output

15: L: audio-GND

16:S : audio-right-input

17:S : audio-right-output

18: L: VIDEO-GND/GND

19:S : VIDEO_IN/OUT/OPEN

20:S : 5V-input; fast charge

21:S : DIGITAL_OUT/OPEN

22: L: GND

9番ピンの抵抗

録音用ケーブルは9番ピンから抵抗Rx=220kΩを介して1番&22番ピン(GND)に接続されている。

この抵抗値を判断し、ポートの種類を判別しているようである。

Rx録音ラインアウト
220k×
100k○可変
68k×
47k×○固定
33k×○可変
22k○固定
15k○可変
10k×○可変
4.7k×○固定

ラインアウト時はヘッドホンは停止する。

電源の5Vの入力

  • 7番+11番ピン: USB接続表示後、充電が始まり操作不可になる。
  • 7番ピンのみ: 操作は可能、90mAで充電している。充電は自動的に終了

シリアルポート

RS-232C相当のシリアル通信である。信号レベルは、実機での計測ではHi(1):−11V, Low(0):+11Vだった。

通信仕様は次のとおり。

  • 速度: 9600bps
  • データビット: 8
  • パリティ: 偶数
  • ストップビット: 1
  • フロー制御: なし

リモコンなどのデータが流れる通信線である。ただし、接続(8番ピン:Hi)後すぐに0x40から0x5Eの範囲の何かを送信しなければ、リモコンの接続として認識されず、制御は出来ない。

現時点で解析されているもの。""内はASCII文字、()内は16進数でのコードである。

  • "0"(30) : Play
  • "1"(31) : Stop (※)
  • "2"(32) : Stop (※)
  • "3"(33) : Play/Stop (※)
  • "4"(34) : Next
  • "5"(35) : Prev
  • "6"(36) : begin-FF
  • "7"(37) : begin-REW
  • "8"(38) : end-FF/REW
  • "9"(39) : DIR +
  • ":"(3A) : DIR −
  • ";"(3B) : Vol UP
  • "<"(3C) : Vol Down

コマンド"1"、"2"のどちらかはEjectで、"3"はPause、このほかにRecordがあるものと推定されている。

関連する用語
RS-232C

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club