通信用語の基礎知識 IPv4
戻る
参加者募集中

application/x-www-form-urlencoded

辞書:通信用語の基礎知識 通信技術上編 (CTINFO)
読み:アプリケーション・エックス・フォーム・ユーアーエルエンコーディド
外語:application/x-www-form-urlencoded 英語
品詞:名詞
2010/10/05 作成
2014/12/13 更新

フォームの送信のさい、クライアントがWebサーバーに送信するContent-Type名の一つ。

目次

データはid=dataの形式で、formが複数ある場合は&で区切られる(form1=data1&form2=data2)。

dataはURLエンコードされる。

英数字と3種類の記号 _ . - はそのまま、スペースは+に変換され、それ以外の文字は%xxの16進形式になる。

RFC 1866(HTML 2.0)以来、HTML5草案まで使われ続けてきた。

トラックバックpingでも、このContent-Type名を使用する。

しかし、x-という問題がある。この改善のためapplication/www-form-urlencodedをIANAに登録する提案は以前からなされていたが、HTML5のために再び草案が復活した(I-D[hoehrmann-urlencoded-01])。このドラフト仕様では、8ビットであり、符号はUTF-8に固定。このためcharsetパラメーターは不正であるとしていた。

しかし最終的には、驚くべき事にx-がついたままの application/x-www-form-urlencoded でIANAに登録された。従来の実装との互換性に最大限配慮した結果と思われる。

またこのほかに、multipart/form-data というものも公式に登録されている。

コメントなどを投稿するフォームは、日本語対応時のみ表示されます


KisoDic通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Version 7.01d (17-May-2017)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club