通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 音響技術 > 音響
サラウンド
辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:サラウンド
外語:surround
品詞:名詞

取り囲むこと。音響効果では、聞く人の周囲にスピーカーなどを配置し、ステレオ以上の立体音響を実現することを指す。

概要

例えばDolby Digitaldtsのように5.1チャンネルサラウンドと呼ばれるものは左前方・正面・右前方と前に 3個、左後方・右後方と背面に 2個のスピーカーを配置し、更に重低音用に1個スピーカーを配置して、聞く人を音響で取り囲むようにしている。

もともとは映画館のような本格的な音響の必要な施設で使われていたが、DVDなどの普及に伴い、家庭にも普及しはじめている。

リンク
用語の所属
マルチチャンネルオーディオ
関連する用語
5.1チャンネル
ステレオ
モノラル
サラウンドアンプ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic