通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 音響技術 > 音響
5.1チャンネル
辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:ごーてんいちチャンネル
外語:5.1 channels
品詞:名詞

立体音響(サラウンド)を構築するために利用される、スピーカー配置に対応した音声信号のチャンネル数の一つ。Dolby Digitaldtsなどで使われる。正面、左右前方、左右後方の主音声5チャンネルと低音再生を行なうサブウーファーの1チャンネルで構成される。

LFE=重低音・LCR=左中右・LS/RS=左右サラウンド
LFE=重低音・LCR=左中右・LS/RS=左右サラウンド

主音声の5つのスピーカーは、2チャンネルステレオの場合とは違い下手に大きなスピーカーを使うよりは、小型のスピーカーを利用した方が音場の定位感を作りやすい。また6つの各チャンネルはそれぞれ同一環境での再生を前提に信号のバランスが設定されているので、原則としてスピーカーは全て同じメーカーの、できればセットで用意された品を選んだ方がいいとされる。

正面のスピーカーは耳の高さよりやや低め、左右前方のスピーカーは耳の高さよりやや高め、左右後方のスピーカーは上方、サブウーファーは低い位置に配置するのが理想とされている。

中には2つのスピーカーやヘッドホンで疑似的に5.1チャンネルを再生するバーチャルサラウンドと呼ばれる製品もある。

リンク
用語の所属
サラウンド
該当する用語
Dolby Digital
dts
関連する用語
2チャンネル

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic