通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 音響機材 > スピーカー
スピーカー
辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:スピーカー
外語:speaker
品詞:名詞

発声器。他に用意された音源が生成した電気信号を、人間の耳に聞こえる(音波)へと変換する装置。

目次
概要

スピーカーの大きさは、出力する音の高さに対応する。

小型の物は一般に高音特性に優れ、大型の物は一般に低音特性に優れる。

パソコン用に市販されているスピーカーは小型の物が多いが、小型のものは良品でも高音特性のみしか十分な性能が出ていないことがある。

特徴
音域

スピーカーは、対応する音域により、次のように呼び分けられる。

ブースター等で超低音域を増強するタイプのスピーカーを「スーパーウーファー」という。

音の数

使用するスピーカーの数によって、次のように呼び分けられる。

リンク
関連する用語
エンクロージャー
マイクロフォン
ヘッドセット
増幅器
ハウリング

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic