通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 欧州 > ギリシャ・ローマ > ギリシャ神話 > 人・動物 > > オリンポス十二神
ゼウス
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学西洋編 (LFOLKW)
読み:ゼウス
外語:Zeus
品詞:名

ギリシャ神話の最高神。全知全能を司りオリンポス山の頂きに住む。クロノスとレアの末子。雲を天蓋として座り、雷電を王笏とする。ローマ神話ではユピテル(ジュピター)に対応する。輝く天空の意。

ティターン神族を倒した戦いの中心だったが、極めて好色でもあり、人間やニンフの娘、果ては少年にまで手を出して、そのたびに妻のヘラを怒らせている。

兄にハデスポセイドンがいる。

リンク
用語の所属
ギリシャ神話
オリンポス十二神
関連する用語
ヘラ
クロノス
アメン
ハデス
ポセイドン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic