通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 宗教・神話・哲学 > 欧州 > ギリシャ・ローマ > ギリシャ神話 > 人・動物 > > オリンポス十二神
ポセイドン
辞書:文化用語の基礎知識 民俗学西洋編 (LFOLKW)
読み:ポセイドン
外語:Poseidon
品詞:名

ギリシャ神話の海の神。クロノスとレアの子で、ゼウスの兄。ポセイドーン。

目次
概要

オリンポス十二神の一柱。三叉の矛を持ち、これを武器とする。

后は、海に住む女神(ネレイス)のひとり「アンピトリテ」。

トリトン、オリオン、ペガサスなど多数の子を産んだ。

特徴

ローマ神話ではネプトゥヌス(ネプチューン)に対応する。

惑星の名前として、ローマ神話のネプチューンが海王星に使われており、その衛星には、ネプチューン/ポセイドンの子供たちの名前が使われている。

リンク
用語の所属
ギリシャ神話
オリンポス十二神
関連する用語
クロノス
ゼウス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic