通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 視覚系
色空間
辞書:文化用語の基礎知識 芸術・視覚編 (LAVART)
読み:いろくうかん
外語:color space
品詞:名詞

を立体的な空間として表現する手法。

目次
概要

空間には様々な形状が使われるが、その中に色を表わし秩序立てて並べることで、ある特定の色を、座標として表わすことができる。

その多くはICCプロファイルと呼ばれる色空間に記録可能であるが、なかにはそうでない色空間もある。

色空間が表現できる色の範囲を色域という。印刷にせよディスプレイでの表示にせよ、すべての色が再現できるわけではない。どういった色が表現できるのかも、この色空間として図示できる。

特徴
主な色空間
リンク
関連する用語


[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic