通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 音響機材 > 電子計算機関連 > 音響機器インターフェイス
AES/EBU
辞書:文化用語の基礎知識 音楽・技術編 (LMTECH)
読み:エイイーエス-イービーユー
外語:AES/EBU: Audio Engineering Society/European Broadcasting Union
品詞:固有名詞

業務用のディジタルオーディオ機器に使われている、ディジタルオーディオインターフェイス。

目次
概要

ヨーロッパの規格団体AESとEBUにより策定されたため、この名がある。

IEC 60958(旧IEC 958)などにより標準化されている。

特徴
仕様

データ通信は、送信側からの出力のみの単向通信である。

一本のケーブルで16〜24ビットのディジタルオーディオデータを2チャンネル(ステレオ)まで転送することが可能。

サンプリング周波数は48kHzが主として用いられているが、CDなどで使われている44.1kHzも利用可能である。具体的には32kHz、44.1kHz・48kHz(ノーマル)、88.2kHz・96kHz(ダブルスピードまたはデュアルワイヤー)、176.4kHz・192kHzが規定されている。

物理層

物理的には、一般に110ΩのSTPケーブル平衡伝送、コネクターはXLRを使う。

しかし中にはDB25(D-sub 25ピン)ないしDB37(D-sub 37ピン)端子を利用している装置も少なからずある。2チャンネルが3端子用いるため、D-sub 25ピンなら入力8チャンネル、出力8チャンネル、37ピンなら入力8チャンネル、出力16チャンネルまで可能である。

但し、D-subのピン配置はメーカー間で異なるため接続する際には注意が必要である。

S/PDIF

AES/EBUの民生用規格がS/PDIFである。

使用するケーブルやコネクターなどに違いがあるが、プロトコルなどの基本部分は同様である。

なお、S/PDIFにはAES/EBUにはないSCMSなどのコピー制限機能が存在している。

リンク
関連する用語
S/PDIF
SCMS

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic