通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
社会科学 > 経済・ビジネス > 金融・投資 > 通貨 > 電子マネー > サービス
Visaバーチャルプリカ
辞書:文化用語の基礎知識 経済編 (LECO)
読み:ビザ-バーチャルプリカ
品詞:商品名

三菱UFJニコスが提供する「Visaプリペイドカード」のサービスの一つ。同社のネットサービス「e-さいふ」から発行できる。

目次
概要

プリペイドカードとは言っても、このサービスではいわゆるプラスチックカードの発行はない、ネット決済専用のサービスである。

e-さいふに会員登録すると、e-さいふ口座が用意される。

更に、最大で同時3枚までのバーチャルカードを作ることができる。

e-さいふ口座からバーチャルカードには随時入金が可能で、各カードの金額上限は2万9000円である。このカード情報から、ネット通販に限り、Visa加盟店で金額の範囲内で買い物ができる。

完全前払いであるため、与信が発生せず、審査もない。

但し、満18歳以上で、日本国内在住が条件となっている。

特徴
番号等

クレジットカードと同様の番号等が存在する。e-さいふのページ内に表示されている。

限度額

一つのバーチャルカードあたり、29000円まで加算できる。

また、バーチャルカードで使用できる累計金額は10万円であり、それを超える場合は新規に別のバーチャルカードを作る必要がある。

加盟店

Visaバーチャルプリカはネット専用のサービスである。

VISAの加盟店のうち、ネット通販を実施しているほぼ全ての加盟店で利用できる。

利用の制限

月額・継続契約の利用料金の支払いには使えない。

また、プラスチックカードの発行はないので、後でカードの提出を求められる買い物(航空券の購入や、コンサートチケットの購入など)には使えない。

購入と更新
購入方法

ネットでアカウントを登録することがまず必要。

購入は、コンビニエンスストア(現在はサークルKサンクスのみ)で可能。

または、ネットからクレジットカードが利用できる。使用できるクレジットカードは、VisaおよびMasterCardの全て、MUFGのアメリカン・エキスプレス、MUFGカードJCBのいずれかである。

金額

クレジットカードでは、500円から50,000円までの範囲内で、1円単位で必要な分だけ購入できる。

コンビニエンスストアで購入する場合、店頭ギフトとして3券種が用意されている。

購入手数料

クレジットカードでは、1,000円までで手数料100円(税込)、1001円以上で手数料200円(税込)である。但し、三菱UFJニコスでは手数料無料。

コンビニエンスストアでは、3,000円と5,000円以下で300円、10,000円で400円である。

年会費と維持費

年会費は無料である。

但し、最後の利用日から1年間以上未使用の場合、口座維持手数料として525円(税込)が差し引かれる。eマネー残高が525円に満たない場合は、会員資格が取り消される。

有効期限

作成したバーチャルカードの有効期限は1年間である。延長はできないが、いつでも削除できる。

バーチャルカードの残高は、e-さいふ口座に戻される。

リンク
関連するリンク
https://www.mun-prepaid.com/
用語の所属
VISA
プリペイドカード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic