通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 高速自動車国道 > 中央自動車道 > 富士吉田線 > IC・JCT
上野原インターチェンジ
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・中央道編 (EWHMC)
読み:うえのはら-インターチェンジ
外語:Uenohara IC
品詞:その他地名

山梨県上野原市に作られた中央自動車道インターチェンジ

現在供用中の中では8番目のインターチェンジである。

目次
概要
所在地
所属路線名
接続路線名
出口案内標識

上り

下り

「小菅」は、別の小さな板に記載されている。

沿革
状況

中央道の全線開通後に作られたICだが、IC番号は枝番ではない。あらかじめ建設が予定されていたためと思われる。

このインターチェンジを境に、中央自動車道の本線は片側2車線と片側3車線が切り替わる。

このうち、上り線(高井戸方面)は3車線が2車線に減少することになるため渋滞しやすい。

下り線は、入口からの合流車線がそのまま一番左の車線になるようにして3車線となる。この拡幅により下り線のこの付近での渋滞は緩和されたが、その手前の小仏トンネルを先頭とした渋滞は相変わらずである。

料金所
入口
出口
特徴
構造

T型インターチェンジである。

料金所は下り線側にある。

上り線のランプウェイは平面交差しているため、信号機が存在する。

周辺地理
前後の施設

(西)大月JCT大月IC談合坂SA上野原IC藤野PA相模湖IC相模湖東IC(東)

リンク
用語の所属
インターチェンジ
関連する用語
中央自動車道
中央自動車道富士吉田線 (高速道)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic