通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 甲信越地方 > SA・PA
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 高速自動車国道 > 中央自動車道 > 富士吉田線 > SA・PA
談合坂サービスエリア
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・中央道編 (EWHMC)
読み:だんごうざか-サービスエリア
外語:Dango^zaka service area
品詞:その他地名

山梨県上野原市に作られた、中央自動車道サービスエリアの一つ。

起点・高井戸より3番目の休憩施設であり、最初のサービスエリアである。

目次
概要
基本情報

所在地

所属路線名

沿革
施設情報

上り

設備

施設

下り

下り線は「EXPASA談合坂」である。


設備

施設
特徴

上りと下りは離れており、雰囲気も異なっている。また、上下共に中央道で最大のサービスエリアである。

上下線共に、山梨県の名物料理「ほうとう」が提供されている。

またお土産としては名物「信玄餅」などが販売されている。

賑わい

下り線は、起点高井戸から3番目の休憩施設(石川PA藤野PA→談合坂SA)であり、かつ最初のサービスエリアである。最初のSAということもあり、まず休憩する場所として人気が高かった。これが「EXPASA談合坂」としてリニューアルされている。

また上り線も、ここまで来るといよいよ東京も近いということで、その休憩用として人気が高いようである。

かつては上下線がほぼ同位置(現在の上りSA付近)に存在したのだが、この頃の談合坂SAは狭かった。上り線側にはスタンドとトイレくらいしかなく、「高橋」を渡って下り線の施設へ行かなければならなかった。

しかしこのSAも手狭な上に老朽化が進んだため、東京側2km程の場所に下り線のSAが新設された。新しい下りSAが出来てからは、旧下りSAは上り線の第二駐車場として使われたが、上り線も立派なSAが出来たため、高橋も完全に用無しとなった。

談合坂の旧上り線の跡地は、中央道6車線拡幅用の土地として利用されている。

高速バス

野田尻BSが併設されている。

前後の施設
小牧〜大月 本線

(西)初狩PA ‐ (11)大月JCT ‐ (10)大月IC談合坂SA ‐ (9)上野原IC藤野PA ‐ (8)相模湖IC(東)

河口湖〜大月 支線

(北)談合坂SA ‐ (10)大月IC ‐ (11)大月JCT ‐ (1)都留IC ‐ 谷村PA(南)

隣接するSA/PA

上り

下り
リンク
関連するリンク
談合坂SA 上り線
談合坂SA 下り線
用語の所属
サービスエリア
関連する用語
中央自動車道
中央自動車道富士吉田線 (高速道)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic