通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 地方道・私道 > 関東地方 > 神奈川 > 横浜市
中田さちが丘線
辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・関東神奈川編 (EWLTK)
読み:なかだ-さちがおか-せん
品詞:固有名詞

横浜市の市道で、市の南西部を南北に結ぶ幹線街路の一つ。

目次
概要
起点・終点
設計諸元
規制等
法定路線名

横浜市道中田さちが丘線というのは、どうやら総称で、実際に市の道路台帳を確認したところ、次の道路が組み合わされていた。

状況
起点周辺

現在は、起点から瀬谷柏尾道路と接続する岡津町交差点までが供用されている。この区間はほぼ4車線で完成している。

岡津町交差点付近は2車線だが、歩道が広く取られている。将来的にはこの区間も4車線になるのだろう。

岡津町交差点を望む
岡津町交差点を望む

岡津の山

交差点突き当たり
交差点突き当たり

瀬谷柏尾道路と交差する岡津町交差点から先は、阿久和川と街路を渡る橋が既に作られているが、まだ供用されていない。

街路を渡る状況
街路を渡る状況

そして更には、岡津の山をトンネルで抜けながら、学校入口バス停付近で権太坂和泉線と交差し、緑園都市駅前を通る通りに接続される予定である。

岡津区間の計画
岡津区間の計画

岡津町交差点から、学校入口バス停付近の横浜市道名瀬第241号線(通称、名瀬街道)に至るまでの270mは鋭意事業中。

学校入口バス停付近から北の140mが2009(平成21)年2月17日10:00(@083)に供用を開始し、先に開通し横の細い通りに繋げていた緑園都市の大通りに至る区間が、暫定2車線で供用された。将来的にはこちらの道路から直進となると思われるが、現在は現道に対してT字の交差となっている。

暫定供用中
暫定供用中

残る区間がいつ開通するのか不明だが、これを著している時点で設定されている中田さちが丘線(岡津地区)の事業期間は2013(平成25)年度までとなっているので、その頃には全線開通するものと期待される。

緑園

緑園都市駅前エリアから終点も完成しており、4車線で供用されている。

特徴
接続する主な道路
沿道施設、観光地等
道の駅

道の駅はない。

主な橋
主なトンネル

岡津の山はトンネルで抜ける予定だが、まだ供用されていない。

主な峠
バス停留所

これ以上は神奈中、これ以降は相鉄バス。

並行する鉄道

特になし。

経由する自治体
神奈川県
横浜市
リンク
関連する用語
横浜市

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic