通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 番号別分類 > 1桁・2桁(1〜58) > 1〜9 > 国道1号
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 番号別分類 > 3桁(300〜507) > 460〜479
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 近畿地方 > 京都縦貫自動車道
京滋バイパス
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・近畿編 (EWHK)
読み:けいじ-バイパス
外語:Keiji bypass
品詞:固有名詞

滋賀県草津市と京都府乙訓郡大山崎町を結ぶ地域高規格道路

目次
道路の情報

有料区間の大半は自動車専用の一般有料道路だが、一部区間は高速自動車国道である。

また区間の一部は京都縦貫自動車道の一部である京都第二外環状道路の一部である。

起点・終点
規制等
法定路線名

久御山淀IC〜大山崎IC/JCTの区間だけは高速自動車国道(一般部は国道478号)である。

道路の計画

この道路は元々国道1号のバイパスとして計画されたもので、瀬田東JCT〜久御山JCTがまず計画された。

その後、名神高速道路のバイパスとしての機能を含む京都第二外環状道路の計画が決まり、京滋バイパスの名はそのままで、大山崎IC/JCTまでは国道478号のバイパス、国道478号京都第二外環状道路として延伸されることとなった。

全線開通は2003(平成15)年8月10日である。

沿革

自専部に併走する一般部については情報が足りないため、上に網羅できていない。

道路の特徴
景観等

一般部

国道1号現道と接続する滋賀県草津市草津3丁目の交差点が起点で、ここから名神高速道路の瀬田東JCTまでは一般道であり、平面交差や信号機は多数ある。

そして瀬田東JCTから先が自動車専用道路の京滋バイパスである。


名神高速道路のバイパス

この道路により、瀬田東JCT〜大山崎IC/JCT間が名神高速道路と2ルート化され、名神高速道路や国道1号の渋滞が緩和された。

現在は途中に料金所などはなく、瀬田東JCT〜大山崎IC/JCT間はいずれを利用しても同一料金であり、所要時間も殆ど同じである。

接続する主な道路
並行する鉄道

特にない。

沿道施設、観光地等
主なトンネル
主な峠
経由する自治体
滋賀県
大津市
京都府
宇治市 ‐ 久世郡久御山町 ‐ 八幡市 ‐ 京都市 ‐ 八幡市 ‐ 乙訓郡大山崎町
インターチェンジなど

具体的なICなどは次のとおり。

一般国道1号京滋バイパス
一般国道478号京滋バイパス
中央自動車道西宮線
リンク
関連するリンク
京滋バイパス
道路の所属
京都縦貫自動車道
京都第二外環状道路
国道1号
連絡する道路
名神高速道路
第二京阪道路

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic