通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 番号別分類 > 1桁・2桁(1〜58) > 50〜58
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 地方別分類 > 九州地方 > 鹿児島
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 国道 > 地方別分類 > 九州地方 > 沖縄
国道58号
辞書:国土用語の基礎知識 一般道路名・九州編 (EWLQ)
読み:こくどう-ごじゅうはちごう
外語:R58: Route 58
品詞:固有名詞

鹿児島県鹿児島市山下町から、島々を渡り、沖縄県那覇市までを結ぶ国道

目次
道路の情報
起点・終点
設計諸元
規制等
指定区間

指定区間なのは、次の区間である。なお、住所は政令上のもの。

具体的には、鹿児島県内と沖縄島が指定されており、種子島奄美大島は指定されていない。

通称
バイパス

道路改良工事等も含む。

重複区間
沿革

この国道は2桁番号の国道中、唯一、旧一級国道ではない国道である。

1972(昭和47)年の沖縄返還時に指定されたこの道路は、沖縄県にだけ2桁の国道がないのはおかしい、といった極めて単純な理由で国道58号という番号が与えられたらしい。

この理屈に従えば、今後(北方領土返還などで)日本の領土が増えた場合、現状空き番の国道59〜100号が指定される可能性がある。

なお、沖縄県の区間については、アメリカ占領時代は「軍道1号」と呼ばれていた。

路線状況
分断

いわゆる海上国道と呼ばれる国道である。

大きく「薩摩半島」「種子島」「奄美大島」「沖縄島」と四つに分かれているが、それぞれを結ぶような橋やトンネルの計画は無い。

薩摩半島の鹿児島港〜種子島の西之表港にはフェリーがあるが、種子島の島間港〜奄美大島の赤木名港を結ぶフェリーや、奄美大島の古仁屋港〜沖縄島の奥港を結ぶフェリーは無い。

薩摩半島

薩摩半島内、国道10号と接続する鹿児島市の中央公民館前交差点を起点に、東に進み、鹿児島市泉町に至る。その距離は僅か700m、約5分の行程である。

以降、東方向には鹿児島湾、大隅半島、大隅海峡があるが、何れにも橋や道路はない。

種子島

次は種子島である。

鹿児島県西之表市西町の西之表港から始まり、熊毛郡南種子町の南種子町役場を経て、島間港に至る。

種子島には種子島宇宙センターがあるが、人工衛星やロケットは船で運ばれ島間港に陸揚げされ、国道58号で南種子町役場までゆき、次いで鹿児島県道586号茎永上中線に入りロケット施設まで運ばれている。

島間港から先は再び分断しており、種子島海峡、屋久島、トカラ列島があるが、何れにも橋や道路はない。

奄美大島

その次は奄美大島である。

鹿児島県奄美市笠利町里の赤木名港付近から始まり、島内を縦断して、大島郡瀬戸内町古仁屋の古仁屋漁港に至る。

以降、加計呂麻島、請島水道、請島、徳之島、沖永良部島、与論島、と続くが、何れにも橋や道路はない。

沖縄島

最後は沖縄島(沖縄本島)である。

沖縄島の北の端、沖縄県国頭郡国頭村奥を起点に、米軍基地の外郭を迂回するように進み、終点の明治橋南端で国道331号に接続する。

道路の特徴
接続する主な道路

薩摩半島

種子島

奄美大島

沖縄島

国頭

中頭

島尻
旧道

主要なもののみ。

沿道施設、観光地等

薩摩半島

種子島

奄美大島

沖縄島

国頭

中頭

島尻
道の駅

沿道に五ヶ所、道の駅がある。

主な橋

種子島

奄美大島

沖縄島

国頭

中頭

島尻
主なトンネル

奄美大島

沖縄島
主な峠
並行する鉄道
経由する自治体
鹿児島県
鹿児島市 ‐ (分断) ‐ 西之表市 ‐ 熊毛郡中種子町 ‐ 南種子町 ‐ (分断) ‐ 奄美市 ‐ 大島郡龍郷町 ‐ 奄美市 ‐ 大島郡瀬戸内町 ‐ (分断)
沖縄県
国頭郡国頭村 ‐大宜味村 ‐ 名護市 ‐ 国頭郡恩納村 ‐ 中頭郡読谷村 ‐ 嘉手納町 ‐ 北谷町 ‐ 宜野湾市 ‐ 浦添市 ‐ 那覇市
リンク
用語の所属
一般国道
海上国道
関連する用語
種子島
奄美大島
沖縄都市モノレール

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic