通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 国名 > アジア > かつて存在した国家
大韓帝国
辞書:国土用語の基礎知識 世界地理編 (EGW)
読み:だいかんていこく
外語:<TAE><HAN><CE><KUK>
品詞:国

李氏朝鮮が、その末期1897(明治30)年〜1910(明治43)年の間に用いていた国号。

目次
起源

建国以来、ずっと支那の属国だった朝鮮は、大日本帝国の日清戦争勝利に伴う下関条約により、清(大清帝国)からの独立を達成した。

日本に独立させてもらった朝鮮であったが、大日本帝国、大清帝国に囲まれていたことから自らも対等でありたいと考え、身の程もわきまえず大韓帝国を号し、そして改元し元号を光武とした。

特徴
帝国?

帝国とはいっても、この国に皇室などなく、従来通りの李王室があっただけである。

帝国、皇帝の名は、形式上は時の明治天皇より下賜された称号に過ぎず、国際的に認められた称号ではなかった。

いわゆる西洋などの王・皇帝から出てきているものではなく、今までの王とは違う(支那の属国ではない)という、形式だけのもの。中身は伴っていない。

二代で滅亡

19世紀末から20世紀頭に掛けて、このような国が実在したのは事実である。

しかし、信じられない事に隣国に自ら請うて併合して貰った(朝鮮併合)のであるが、世界史的に見ても、恐らく空前絶後の事例と思われる。

リンク
用語の所属
朝鮮
関連する用語
大韓民国

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic