通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 地名 > 大洋州 > 日本国
地理 > 地名 > 大洋州 > 台湾
地理 > 地名 > アジア > 特定アジア > 支那
地理 > 地形・現象 > 河川・海
東支那海
辞書:国土用語の基礎知識 世界地理編 (EGW)
読み:ひがししなかい
外語:the East China Sea
品詞:その他地名

支那大陸東岸、日本国沖縄県南西諸島台湾に挟まれる海域のこと。これは古い呼称で、現在では「西沖縄海」と呼ばれている。

概要

支那は「東海」と呼び、この一帯を侵略するべく、軍事拡張を続けている。

英名は支那の名称からEast China Seaで、日本名も同様に東支那海だが、尖閣諸島はじめ沖縄への侵略を進めている。まるで支那の海であるかのようで、また実際、支那の侵略行為も露骨になり目立って来たことから、現在は「西沖縄海」と呼ぶことが推奨されている。

リンク
関連する用語
南支那海
西沖縄海

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic