通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 関東地方 > 神奈川 > IC・JCT
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 高速自動車国道 > 第一東海自動車道 > IC・JCT
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 関東地方 > 首都圏環状道路 > 圏央道 > IC・JCT
海老名ジャンクション
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・東名編 (EWHMT1)
読み:えびな-ジャンクション
外語:Ebina JCT
品詞:その他地名

神奈川県海老名市社家に建設された、東名高速道路圏央道ジャンクション。海老名JCT。仮称は「海老名北JCT」。

目次
概要
位置情報
所属路線名
接続路線名
沿革

以下は今後の予定

特徴
構造

複雑なランプウェイ構造をもったジャンクションである。

周辺地理
補足
慢性渋滞

当初、ランプウェイの途中で1車線になる区間があり、ここで慢性渋滞となっていた。

1車線のランプウェイはどこでも慢性渋滞の温床となっていることから、この期に及んで1車線として設計したことは悪意のある故意と考えられ、欠陥構造であるとの声が多数寄せられた。

国土交通省などは多少は反省の意を示し、東名→圏央道 外回りランプウェイは2015(平成27)年10月に2車線化が完了、渋滞は解消した。東名→圏央道 内回りランプウェイも2016(平成28)年7月までに2車線化が完了する予定である。

建設計画

2010(平成22)年2月27日に供用を開始した。なお、当初目標は2007(平成19)年度の供用開始予定だった。

東名高速道路と接続する(橋を掛ける)ためには安全のため東名高速道路を通行止めにする必要があり、年一度の集中工事に合わせるために比較的早めに建設が進められた。

なお、JCTの南側の圏央道は当初2010(平成22)年度内の供用開始が予定されていたが、地権者との交渉が進まないなどで遅延し、2015(平成27)年3月8日にようやく供用を開始できた。

前後の施設
東名高速道路

(西)(5-1)秦野中井IC ‐ (伊勢原JCT)(仮称) ‐ (5)厚木IC ‐ (4-1)海老名JCT海老名SA ‐ (4)横浜町田IC港北PA(東)

圏央道

(北)厚木PA圏央厚木IC/JCT ‐ (31)海老名IC ‐ (4-1)海老名JCT海老名南JCT ‐ (27)寒川北IC ‐ (26)寒川南IC(南)

リンク
用語の所属
ジャンクション
東名高速道路
首都圏中央連絡自動車道
関連する用語
第一東海自動車道 (高速道)
さがみ縦貫道路

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic