通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 関東地方 > 神奈川 > IC・JCT
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 高速道路 > 高速自動車国道 > 第一東海自動車道 > IC・JCT
横浜町田インターチェンジ
辞書:国土用語の基礎知識 高速道路名・東名編 (EWHMT1)
読み:よこはま-まちだ-インターチェンジ
外語:Yokohama Machida IC
品詞:その他地名

横浜市緑区長津田町から東京都町田市鶴間にかけて作られた東名高速道路インターチェンジ

現在供用中の中では4番目のインターチェンジである。

目次
概要
所在地
所属路線名
接続路線名
出口案内標識

上下線共通

沿革
状況
IC名

不思議な名前のICであるが、横浜は神奈川県の市であり、町田は東京都の市である。

このICはかつて「横浜IC」であったが、手前に横浜青葉ICが新たに作られたため、町田市に跨がって建設されていることから名前を取り、横浜町田ICへと改名されることとなった。

渋滞

上り線横浜町田ICが渋滞のメッカである。横浜町田ICを先頭とし、秦野中井IC付近まで続く渋滞が良く見られる。

これは、横浜町田ICそのものが混むこと、ICの出口は更に混むことも理由の一つだが、その手前の大和トンネルも渋滞の理由の一つである。

料金所
入口

混雑状況に応じて、一部のETC専用がETC/一般に変更されることがある。

出口

混雑状況に応じて、一部のETC専用がETC/一般に変更されることがある。

特徴
構造

トランペット型インターチェンジである。

一般道(国道16号)との接続が、若干特殊になっている。

周辺地理
バス停

かつて「横浜バスストップ」(表示は「東名横浜インター」)という高速バスのバス停が併設されていたが、需要の低減に伴い1999(平成11)年1月31日に廃止された。

このインターチェンジ(とバス停)の周辺は工場やラブホテル街などであり、この場所自体を目的地とする人は殆どおらず、しかもここで降りてどこかに向かおうにも、一般道の路線バスは本数が極めて少ないという状況だった。

横浜市内にアクセスしようと思えば、横浜青葉IC東名川崎ICの間にある、隣のバス停「江田バスストップ」の方がアクセスが良いこともあって、ここで降りて横浜市内へ向かおうとする人が殆どいなかったことも、廃止の理由であったと思われる。

前後の施設

(西)(5)厚木IC ‐ (4-1)海老名JCT海老名SA ‐ (4)横浜町田IC港北PA ‐ (3-1)横浜青葉IC ‐ (3)東名川崎IC(東)

リンク
用語の所属
インターチェンジ
関連する用語
東名高速道路
第一東海自動車道 (高速道)
横浜町田立体

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic