通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 道路 > 大洋州 > 日本 > 道路の種類 > 法区分 > 道路構造令
第四種第二級
辞書:国土用語の基礎知識 道路編 (EROAD)
読み:だいよんしゅ-だいにきゅう
品詞:名詞

道路構造令による道路の区分の一つ。

特徴

都市部の各種一般道であり、かつ次の3つの条件のうち一つを満たすものをいう。

  1. 一般国道で、かつ計画交通量が0〜3,999台/日
  2. 都道府県道で、かつ計画交通量が4,000〜9,999台/日
  3. 市町村道で、かつ計画交通量が4,000〜9,999台/日

車線の幅員3m以上(普通道路)または2.75m以上(小型道路)、中央帯の幅員1m以上、設計速度60km/h(144km/hBeat)〜40km/h(96km/hBeat)。

地方部のバイパスなどは、よくこの規格で作られる。

リンク
用語の所属
道路
第四種
該当する用語
一般国道
都道府県道
市町村道
関連する用語
都市部

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic