通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
地理 > 地名 > 大洋州 > 日本国 > 東北地方 > 山形
飯豊町
辞書:国土用語の基礎知識 日本地理編 (EGJP)
読み:いいで-まち
外語:Iide town
品詞:町

山形県西置賜郡飯豊町。山形県西南部にある小さな田舎町。

目次
情報
基本情報

一般情報

通信

象徴

飯豊町議会

2011(平成23)年8月6日現在、町議会議員、定数10名、現役10名。

任期2011(平成23)年8月6日〜2015(平成27)年8月5日

以下、議席番号順の議員一覧。

  1. 長沼安義
  2. 鈴木敏夫
  3. 舩山清一
  4. 八島伝内
  5. 後藤惠一郎
  6. 山口文隆
  7. 中村仁一
  8. 嶋貫栄助
  9. 長沼桂子
  10. 菅野富士雄

民度、民意

投票率はおおむね9割で、非常に投票率が高い。

運輸交通

主な道路

1本の国道と、3本県道と、多数の町道がある。


道の駅

町内の道の駅は一つ。

駅名沿線道路所在地電話番号
いいで国道113号山形県西置賜郡飯豊町大字松原18980238-86-3939

鉄道

うち、羽前椿は管理委託駅。


飛行場

町内に飛行場はない。

隣接する自治体
地勢

山形県西南部、最上川の源流部に位置し、県内でも有数の豪雪地帯である。

町域の約8割は山林。平坦な場所に集落が点在し、それ以外は田園で、町の主要作物である稲が栽培されている。

特徴
生活

集落ごとに、幼稚園・小学校・中学校までが揃っている。

町内の高等学校は、置賜農工のみ。さもなくば、隣市の長井高校などへ通うことになる。

下水道整備等がまだまだ遅れており、町内の約半数の世帯は、今もトイレが水洗ではなく、汲み取り式となっている。

鉄道はあるが、実用にならないので自家用車必須。若者などは自転車も使うようだが、歩く人は殆どいない。田舎の人間ほど歩かないからである。

過疎

2005(平成17)年の国勢調査での人口は8,623人だった。

2012(平成24)年9月末現在の人口は8,044人とのことで、人口は減る一方である。

名産特産品

水稲の栽培面積は1,384ha(2006(平成18)年度)。白川の水で田が潤され、食味の良い米が作られる。

飯豊町は米沢牛発祥の地であり、その約4割が飯豊町で生産されている。

アスパラガスは、町の中山間地で日照時間の長さを利用して生産されている。

名所

季節限定のものが多いので注意。

リンク
関連するリンク
飯豊町役場
関連する用語


[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic