通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
軍事 > 兵器 > ミサイル > 北朝鮮 > 中距離(戦域)弾道ミサイル
テポドン1号
辞書:軍事用語の基礎知識 ミサイル編 (AMISSILE)
読み:テポドン-いちごう
外語:<TAE><PHO><TONG>1<HO>
品詞:固有名詞

北朝鮮の開発した弾道ミサイル「テポドン」の初期型。

目次
概要

二段式の液体燃料ロケットを使った、準中距離弾道ミサイル(準IRBM)である。

1998(平成10)年、北朝鮮は衛星打ち上げ用ロケット「白頭山1号」として発表し、人工衛星「光明星1号」を打ち上げたとした。

特徴
開発

テポドン1号の開発は1990(平成2)年に開始されたと言われている。

テポドン1号の詳細は殆どが不明だが、スカッド(射程数百km)、ノドン(射程1,300km)の後継ミサイルである。

ノドンがスカッドBを4つ合わせたようなスケールアップモデルだったのと同様、テポドン1号は1段目はノドン、2段目に火星5(スカッド改B)または火星6(スカッド改C)を使用しているというのがもっぱらの定説である。

しかし、いくら技術的に延長線上にあると言っても、テポドンはノドンまでとは異なり二段式であり、技術的難易度は比較にならない。そのため、当初アメリカは、北朝鮮にその様なミサイルを開発する技術力は無いものと高を括っていた。仮にあっても、アメリカの情報網によってすぐに察知できると考えていた。

しかし、実際には諜報機関からテポドンの情報が上がってきても取り合わなかった。結果、アメリカは1998(平成10)年8月31日のテポドン発射実験に慌てふためくこととなる。

1号発射実験

1998(平成10)年8月31日、北朝鮮はテポドン1号の発射実験を行なった。

1段目は1分35秒後に切り離され日本海に落下した。2段目は4分26秒後に日本を飛び越えた三陸沖に落下した。発射地点から1,600kmの地点であった。

自衛隊はノドンの時とは異なり事前にアメリカから情報を得ており、こんごう型イージス護衛艦「みょうこう」を派遣していた。「みょうこう」は、イージスシステムによってテポドンを探知、追尾し、データの収集に成功した。

しかし、事前に何も知らされていなかった日本国民は蜂の巣を突いた状態となった。実際に、多くの国民が上空を飛翔するテポドンを目撃してしまったことが大きかった。日本を飛び越えて太平洋に落下するということは、日本を完全に射程に収めたミサイルを北朝鮮が保有しているという、動かぬ証拠となったからである。

日本国政府は遺憾の意を表明するが、北朝鮮は「これはミサイルではなく衛星打ち上げ用のロケットNKSL-1であり、人工衛星を打ち上げるつもりだったが、3段目が正常に作動しなかった」と説明した。

日本はこれを悪い冗談であるとして全く信じなかったが、アメリカは北朝鮮の見解を支持した。

その後

テポドンのその後の進捗は殆ど分かっていない。

しかし、ノドンまでがそうであったように、海外に積極的に輸出、技術提供が行なわれている。

パキスタンのガウリ2はテポドンベース、ないしテポドンそのものであると見られており、イランのシャハブ4はテポドンそのものであると見られている。

このため、北朝鮮自身による発射実験、特に全射程に及ぶような発射実験はノドンと同様全く観測されていないが(1998(平成10)年11月には再度のテポドンの発射準備が行なわれ、日本を初めとする地域諸国はその瞬間に備えたが、発射はされなかった)、外国からの実験データによって賄えているのであろう。

仕様

詳細は定かではないが、知られる範囲内での仕様は次の通り。

開発国北朝鮮
配備国北朝鮮、イラン・イスラム共和国、パキスタン・イスラム共和国?
種別準中距離弾道ミサイル
プラットホーム地下サイロ?
全長25.5m
直径0.88m(2段目)、1.32m(1段目)
発射重量20,700kg
命中精度CEP 3,000m
誘導方式慣性
推進方式二段式液体(一段目:ケロシン+IRFNA、二段目:UDMH+IRFNA)
射程2,500km
弾頭単弾頭1,000kg(HE、核、化学、生物)
リンク
用語の所属
ミサイル
テポドン
関連する用語
テポドン2号

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic