通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
軍事 > 兵器 > ミサイル > 北朝鮮 > 中距離(戦域)弾道ミサイル
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > ロケット > 名称 > 北鮮
銀河3号2号機
辞書:軍事用語の基礎知識 ミサイル編 (AMISSILE)
読み:ぎんがさんごう-にごうき
外語:<EUN><HA> 3<HO> 2<HO><KI>
品詞:固有名詞

北朝鮮の開発した人工衛星打ち上げ用のロケット銀河3号」の2回目に対する俗称。なお、公式名称としては「銀河3号」としてしか発表がない。

目次
概要

銀河3号として打ち上げられた二回目である。

自国のミサイルである「テポドン2号」をベースに改良して開発したロケットで、銀河2号の更なる改良型とみられる。

三段式で、銀河2号と同様、全ての段が液体燃料ロケットであることが判明している。

この二回目で遂に打ち上げに成功、北朝鮮を世界で10番目の国または地域とした。

諸元
ロケットの仕様
ペイロード(積載物)
特徴

前回と違い詳細な時刻の情報などがないが、2012(平成24)年12月12日午前中に発射され、無事に成功したという。

北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)の追跡により、打ち上げられた「光明星3号2号機」は「北朝鮮の人工衛星」として認められた。

人工衛星としては機能していないようであるが、物体が軌道上を回り始めたことから、NORADの衛星カタログ番号「39026」と、国際標識番号「2012-072A」が附番された。

リンク
用語の所属
銀河3号
関連する用語
ミサイル
テポドン2号改良型
銀河3号1号機

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic