通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
軍事 > 兵器 > ミサイル > 北朝鮮 > 中距離(戦域)弾道ミサイル
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > ロケット > 名称 > 北鮮
銀河3号
辞書:軍事用語の基礎知識 ミサイル編 (AMISSILE)
読み:ぎんがさんごう
外語:<EUN><HA> 3<HO>
品詞:固有名詞

テポドン2号改良型とされる、北朝鮮の開発した人工衛星打ち上げ用のロケット

目次
概要

北朝鮮が、自国のミサイルである「テポドン2号」をベースに改良して開発したロケットで、銀河2号の更なる改良型とみられる。

三段式で、銀河2号と同様、全ての段が液体燃料ロケットであることが判明している。

一回目は失敗したが、二回目で遂に成功、北朝鮮を世界で10番目の国または地域とした。

諸元
ロケットの仕様
ペイロード(積載物)
由来

2012(平成24)年3月頃、新たなミサイル発射の兆候が確認された。

その後北朝鮮は、2012(平成24)年4月12日〜2012(平成24)年4月16日の午前7時〜正午の間に、衛星運搬ロケット「銀河3」で実用衛星「光明星3」を打ち上げると発表した。

誰も衛星打ち上げとは信じないため、周辺各国が迎撃準備を急ぐ中、北朝鮮当局は、もし迎撃するような事があれば、即時に無慈悲な攻撃で断固懲罰する、と発表した。衛星打ち上げで、邪魔したら「無慈悲な攻撃」やら「断固懲罰」やらを主張する国や地域は世界では北朝鮮以外に無い。このため、誰も人工衛星の打ち上げとは信じなかった。

1回目は失敗したが、2回目で成功したため、本当に衛星の打ち上げをしていたらしいことが判明した。但し人工衛星は軌道上で機能しなかったようである。

3回目は2016(平成28)年2月7日だが、この時発表されたロケットの名前は、運搬ロケット「光明星」号だった。光明星号で光明星4号を打ち上げたという発表となっており、外部を混乱させる意図も垣間見られる。金正日総書記の誕生日を光明星節(2月16日)というため、これを強く意識した命名だろうと考えられている。

特徴
シリーズ
沿革
リンク
用語の所属
テポドン2号改良型
関連する用語
ミサイル
テポドン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic