通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
ゲーム > ソフトウェアと関連する語 > ジャンル別 > レトロゲーム
ゲーム > ソフトウェアと関連する語 > ジャンル別 > パズル/マージャン
ドアドア
辞書:萌色用語の基礎知識 ゲーム・ソフト編 (GSOFT)
読み:ドアドア
外語:door door
品詞:商品名

中村光一(後のチュンソフト社長)が高校3年の時に、エニックス主催のプログラムコンテスト "第一回ゲーム・ホビープログラムコンテスト" で優秀賞を受賞したアクションパズルゲーム。1983(昭和58)年2月にエニックスからPC-8801mkIISRシリーズ版が発売され、その後、様々な機種に移植された。家庭用ゲーム機用としては1985(昭和60)年にチュンソフトよりファミリーコンピュータ版が登場、ここでも人気を獲得する。

ドンキーコングのような床+はしごの構造の画面で、通路にドアがある。プレイヤー(CHUN)はドアの前を横切ることでドアの開け閉めができる。このドアに敵(NAMEGON、INVEKUN、AMECHAN)を誘いこみ、閉じこめることで点数が得られ、画面上の敵を閉じこめることでクリアとなる。3種類の敵はそれぞれ動き方に異なる特徴があり、それもゲーム性に深みを出している。

単調な音ながら小気味良いBGMがあり、しかも5面毎におもちゃのチャチャチャ風や沖縄民謡風などの特別なBGMが流れる(ファミコン版やPC-6001版など)。但し音楽演奏機能の無い機械では単なるBEEPだったりする(例えばFM-7用)。チュンソフトの出世作ともいえる名作である。

リンク
関連する用語
チュンソフト
エニックス
中村光一
PC-8801mkIISRシリーズ
PC-6001
ファミリーコンピュータ
BEEP
アクションゲーム

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic