通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 駅・停留所 > 大手私鉄 > 小田急
鉄道・バス > 国別 > 大洋州 > 日本 > 駅・停留所 > 地域別 > 関東運輸局管内 > 東京
鉄道・バス > 用語 > 駅名関係
梅ヶ丘駅
辞書:鉄道用語の基礎知識 鉄道地理・関東編 (RGEOT)
読み:うめがおかえき
外語:Umegaoka Station
品詞:駅

小田急小田原線の駅。各駅停車のみが停車する。

目次
情報
基本情報
特徴

線路は高架である。

ホームは二階で、一階は改札ならびに通路となっている。

複々線化問題
プロ市民

複々線化に伴う用地買収問題で、梅ヶ丘駅周辺の数世帯のみが最終的に買収に応じず裁判に持ち込んだ。その結果、東京地裁で、複々線化工事自体が合法的に行なわれなかったという事実上住民勝訴の判決が出た。

この一審の担当は、民事で珍判決を連発している札付きの裁判官、藤山雅行裁判長で「認可は十分な検討に基づいて行なわれたかどうかすら疑わしい」などとした。

当然小田急などは即刻控訴したが、この判決が出て以来、梅ヶ丘の注目度が一気に高まった。

一審の問題点

そもそも判決では反対派の住民側が提出した、あまり根拠のないデータばかりが採用される傾向にあり、判決自体が一方的なものであるという見方がもっぱらである。

この判決を知った鉄道ファンの間では、判決に対する疑問の声のほか、「梅ヶ丘だけ各停も通過して2両編成の鈍行でも走らせろ」「梅ヶ丘は全列車通過させろ」などの過激な意見までが飛び出した。

工事

珍判決後も交渉を続けた結果、この付近の複々線化工事は順調に進んだ。梅ヶ丘駅周辺の区間は2004(平成16)年11月21日に緩急分離され、高架複々線化が完成している。

しかし、建設中は複々線の高架に左右を挟まれた建物などが見られた。

リンク
関連するリンク
梅ヶ丘駅‐小田急線のご利用案内
用語の所属
小田急電鉄
小田原線
関連する用語
複々線
杉並3駅

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic