通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物理 > 波動 > 電磁波
γ線
辞書:科学用語の基礎知識 物理学編 (NPHYS)
読み:ガンマせん
外語:gamma rays
品詞:名詞

高周波の電磁波の一つで、放射線の一つ。

目次
範囲

エネルギーにすると0.01〜100MeV程度となる。

特徴

α崩壊β崩壊などの崩壊(壊変)に伴い、原子核の余剰エネルギーが電磁波として放射される。これがγ線である。崩壊には様々あり、γ線を出すが質量数原子番号も変化しない崩壊モード(γ崩壊、IT崩壊、など)もある。

量子論量子力学では、γ線はα線β線と同様にその根源は素粒子であり、高エネルギーで波長の短い、すなわち光子である。

原子核の崩壊や原子核反応に伴って放出され、そのエネルギーは各核種ごとに一定である。原子核ではなく、電子も含めた原子に起因する放射線はX線である。

光子は非常に小さな粒子であり、しかも帯電していないため外因による影響を受けにくく、物質貫通能力は極めて高い。そのため分厚いコンクリートの壁でないと遮蔽できない。その貫通力を利用して、非破壊検査などにも使われている。

宇宙

宇宙には様々なγ線源がある。特に膨大な量のγ線を放出する現象がγ線バーストである。

しかし、いずれのγ線も地球の大気によるコンプトン散乱や電子対生成に阻害され、地表へは殆ど到達しない。しかしγ線は到達力が強いため、地上40km程度まで上がれば宇宙γ線が観測できる。

リンク
用語の所属
放射線
電磁波
関連する用語
γ線バースト
α線
β線
X線
光子

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic