通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 星座 > 黄道十二星座
自然科学 > 地学 > 天文学 > 星座 > 夏の星座
さそり座
辞書:科学用語の基礎知識 天文学天体用語編 (USTLY)
読み:さそりざ
外語:Sco: Scorpius
品詞:固有名詞

黄道十二星座の第9座であり、トレミーの48星座の一つである。夏の星座。天秤座。

目次
特徴

南天低く、天の川の中に見られる。東にはサソリを狙ういて座、西にはてんびん座がある。

α星アンタレスは火星のように赤いことから、火星に対抗するもの、という意味のアンチ・アレスから命名された。しかしアンタレス以外に一等星のない星座であり、全体としては地味である。

球状星団M4M80、散開星団M6M7などのメシエ天体が見られる。

占星術では、黄道十二宮の第8座「天蝎宮」の距星となっている。

神話

ギリシャ神話では、オリオンを刺し殺したサソリ。物語には二つほど説がある。

一つはオリオンは自分が最強だと豪語したので、女神ヘラが怒ってサソリを放ちオリオンを殺してしまったという。サソリはこの功績から、天に上げられ星座となった。

もう一つは狩人のオリオンは月の女神アルテミスに恋した。しかしアルテミスはオリオンを嫌い、クレタ島の大サソリをオリオンに向かわせ、殺してしまった。サソリはこの功績から、天に上げられ星座となった。

天球上では、ほぼ反対側にオリオン座がある。夏になり、さそり座が現われる頃になると、冬の星座であるオリオン座はそそくさと逃げるように消えてゆく。

資料
隣接する星座
代表的な恒星
名称特徴位置 (J2000.0)カタログ番号
バイエル固有名等級赤経赤緯HD番号HR番号
αScoアンタレス1.0M1.5Iab-Ib16h 29.4m−26°26′1484786134
β1Scoグラフィアス2.6B1V16h 05.4m−19°48′1442175984
β2Sco 4.9B2V16h 05.4m−19°48′1442185985
δScoドシュッバ2.3B0.3IV16h 00.3m−22°37′1432755953
εSco 2.3K2.5III16h 50.2m−34°18′1516806241
θSco 1.9F1II17h 37.3m−43°00′1595326553
κSco 2.4B1.5III17h 42.5m−39°02′1605786580
λScoシャウラ1.6B2IV+B17h 33.6m−37°06′1589266527
νScoジャバハー4.1B3V16h 12.0m−19°28′1455026027
σScoアル・ニヤト2.9B2III16h 21.2m−25°36′1471656084
τSco 2.8B0V16h 35.9m−28°13′1494386165
υScoレサト2.7B2IV17h 30.8m−37°18′1584086508
代表的な星雲・星団
カタログ名特徴位置 (J2000.0)銀河座標補足
メシエNGC他等級赤経赤緯銀経°銀緯°
M4NGC 61216.4球状星団16h 23.7m−26°31′351+16 
M6NGC 64055.3散開星団17h 40.1m−32°12′  蝶々星団
M7NGC 64754.1散開星団17h 53.9m−34°48′  トレミー星団
M80NGC 60937.7球状星団16h 17.0m−22°59′   
リンク
用語の所属
星座
トレミーの48星座
黄道十二星座
関連する用語
さそり座V861
アクラブ
オリオン座

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic