通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 食品・調理 > 飲食物 > 調味料
自然科学 > 食品・調理 > 飲食物 > 食品 > 地域ごとの分類 > アジア > 朝鮮
コチュジャン
辞書:科学用語の基礎知識 化学物質・食品編 (NFOOD)
読み:コチュジャン
外語:<KO><CHU><CANG>
品詞:名詞

唐辛子などを混ぜ合わせた、朝鮮驢ア酵食品であり、調味料。日本では味噌の一種とみなして「唐辛子味噌」と呼ばれる。

目次
概要

朝鮮料理でよく利用される調味料である。唐辛子を原料に、もち米や麹などを混ぜて作られる。

ハングルでは、<KO><CHU>(コチュ)が唐辛子、<CANG>(ジャン)が醤を意味する。

なお、唐辛子を意味する<KO><CHU>は、苦椒(<KO><CHO>(コチョ))が訛ったものとされている。ゆえに、中文では苦椒醤と訳されている。

特徴

朝鮮には、日本の醤油に相当するカンジャン(<KAN><CANG>)と、味噌に相当するテンジャン(<TOEN><CANG>)があった。

16世紀末、豊臣秀吉の文禄・慶長の役(朝鮮出兵)の頃に日本から唐辛子が伝来すると、18世紀頃までにはコチュジャンが作られ使われるようになっていたという。

リンク
関連する用語
発酵食品
唐辛子

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic