通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 食品・調理 > 飲食物 > 用語
スコヴィル
辞書:科学用語の基礎知識 科学編 (NSCI)
読み:スコヴィル
外語:scoville Unit
品詞:単位助数詞

唐辛子の辛さの単位。テキサス農業大学の薬理学者ウィルバー・スコヴィル(Wilbur Scoville)氏が考案した。

目次
概要

元々は、辛さを計測する物質に甘い水を加えx倍に希釈したとき、辛さを感じなくなればxスコヴィルとした。

数人の被験者が希釈液を嘗め、希釈1000倍で辛さを感じなくなればそれは1000スコヴィルであり、希釈20000倍でようやく辛さを感じなくなればそれは20000スコヴィルである。

現在はより正確にするため、直接の味覚によらず、カプサイシンの量によってスコヴィル値は定義される。単位がほぼ同じくなるよう再定義された結果、カプサイシン結晶そのもの、つまりスコヴィル値の上限は1600万スコヴィルとされた。

スコヴィル値一覧
スコヴィル値種類
下限上限
16,000,000カプサイシンそのもの
1,463,700唐辛子「Trinidad Scorpion Butch T」
1,382,118唐辛子「Naga Viper」
1,001,304インド北東部アッサム地方原産の唐辛子「Bhut Jolokia」(ギネス認定)
300,000577,000レッドサビナ種ハバネロ
50,000三鷹唐辛子
35,000カイエンペッパー
35,000タバスコペッパー
20,000セラノペッパー
2,5005,000ハラペーニョ
3,000ポブラノペッパー
500ペペロンチーニペッパー
0ピーマン
リンク
関連するリンク
とうがらし資料館 スコヴィル値一覧
関連する用語
唐辛子
カプサイシン

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic