通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 部品 > ダイオード
ダイオードマトリクス
辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:ダイオードマトリクス
外語:diode matrix
品詞:名詞

ダイオードをマトリクス状に組合わせて構成する論理回路。一種のROMともいえる。

目次
概要

原理的にはあらゆる組合わせ論理が実現可能だが、大型になる。

あらゆるものでIC化が進んだ現在では、実装寸法が問題にならない程度の極めて小規模な場合のみ利用されている。

特徴

ダイオードは増幅作用を持たないので、この回路を通すと必ず損失が生ずる。

例えばシリコン・ダイオードの場合、一段ごとに約0.7Vの電圧降下が伴うので、中間増幅なしに多段の縦列接続をすると必ずいつかはHigh/Lowのレベル差がなくなってしまう不具合が生ずる。

DTLはダイオードマトリクスによる論理回路と、その損失を補う増幅回路をIC化したものと考えられる。

リンク
関連する用語
ダイオード
DTL

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic