通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 部品 > 論理素子 > トランジスタ > IC(集積回路)
IC (集積回路)
辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:アイスィー
外語:IC: Integrated Circuit
品詞:名詞

特定目的に特化させた電子回路をパッケージに納めたもの。日本語では「集積回路」という。

目次
概要

ICは、Texas Instrumentsに勤めていたジャック・セイント・ クレール・キルビー(Jack St. Clair Kilby)により発明され、1958(昭和33)年9月12日に最初のデモンストレーションが行なわれた。

当時のICはゲルマニウム製で、ガラスのスライドの上に置かれていた。

特徴
製法分類

製造法により、「モノリシックIC」と「ハイブリッドIC」という区別がある。

モノリシックICはシリコンチップ上に写真製版の原理を使い、一体構造として回路を構成したもので、現在の主流になっている。

ハイブリッドICは小型の個別部品を使って回路を組み立て、それを一つの部品と見立てたもの。特殊用途用に使われる。

規模

トランジスタの集積数に応じた呼び方がある。

100万を超えるときは ULSI(Ultra LSI)と呼ばれるが、そのハイセンスなネーミングのためか、あまり使われていない。

100個未満
小規模集積回路 (SSI: Small Scale Integration)
100〜1000個
中規模集積回路 (MSI: Medium Scale Integration)
1000〜10万個
大規模集積回路 (LSI: Large Scale Integration)
10万個〜
超LSI (VLSI: Very Large Scale Integration)
100万個〜
Ultra LSI (ULSI: Ultra Large Scale Integration)
パッケージ形状

その用途などに応じ、ICは様々な形状のものが作られている。

その代表的なものとして、次のようなものがある(順不同)。

特殊用途製品

特殊な目的に使う製品に、次のようなものがある。

リンク
用語の所属
IC
関連する用語
シリコン
実装
VHSIC

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic