通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 部品 > 論理素子 > トランジスタ > IC(集積回路) > メモリー > ROM
ROM
辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:ロム
外語:ROM: Read Only Memory
品詞:名詞

読み出し専用のメモリー。通常のメモリーアクセスでは読み出ししかできないメモリー

目次
概要

読み出すべき内容はあらかじめ書いておく必要があるので、少なくとも一度は書き込む手段は存在するが、CPUなどからの通常のメモリーアクセスでは書き込み・書き換えができない。

一般に、単にROMといえば、電子回路に使うチップ型の部品をいう。

コンピューター業界では、CD-ROMDVD-ROMなど、非チップ型の読み出し専用媒体も「ROM」と呼ぶことがある。

特徴

チップ型ROMには次のようなものがある。

マスクROM

ICのパターンの段階で焼き込んであるもので、量産品に使用される。消えない。書き換えも出来ない。

ワンタイム

一度だけ書き込めるが、消せない。書き換えも出来ない。

消去出来るものよりも安価で、マスクROMにする程でない小数生産に向いている。納期のリードタイムの関係でも便利である。

UV-EPROM

紫外線で消して電気的に書き込むことができるEPROM。繰り返し使える。

EEPROM

電気消去可能なEPROM。UV-EPROMより高価。繰り返し使える。

フラッシュメモリー

元は、電気的に一括消去だけ可能で、その分書き換えの回数を多く出来るものだった。

今ではブロック単位での消去が可能で、改良にともない高速化や大容量化され、ハードディスクドライブなどの代わりとしても注目されている。

携帯情報端末などでは、使用される不揮発メモリーの代表となっている。

リンク
関連する用語
IC (集積回路)
マスクROM
EPROM
書き込み専用メモリー
RAM

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic