通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 部品 > 論理素子 > トランジスタ > IC(集積回路) > メモリー > RAM
RAM
辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:ラム
外語:RAM: Random Access Memory
品詞:名詞

読み込みと書き込みの両方が行なえるメモリー

誕生当時はRWM(Read Write Memory)など幾つかの名前が存在したが、現在ではRAMという名が生き残った格好となっている。

目次
RAMの種類
記憶方式による区別
利用用途による区別
古のRAM
特殊なもの

DVD-RAMマイクロプロセッサーと直結される内部記憶装置ではないが、読み書きが可能であるため、広い意味のメモリー、RAMとして、DVD-RAMを名乗っている。

リンク
関連する用語
RAMDAC
ROM
書き込み専用メモリー

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic