通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電(電子回路) > 部品 > 論理素子 > トランジスタ > IC(集積回路) > メモリー > RAM
WRAM
辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:ダブリューラム
外語:WRAM: Window RAM
品詞:名詞

サムスン電子が開発したVRAM(ビデオメモリー)。

特徴

デュアルポートRAMで、内部バスを256ビットにすることで高速な転送を実現した。

Matroxの初期のMillenniumで利用されたが、複雑な機構のために価格が下がらず、広く普及することはなかった。

その後、パソコンに使われるビデオメモリーの主流はSDRAMSGRAMDDR SDRAMに落ち着いている。

リンク
用語の所属
VRAM
関連する用語
デュアルポートRAM
SDRAM
SGRAM
DDR SDRAM

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic