通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 部品 > 論理素子 > トランジスタ > IC(集積回路) > メモリー > RAM > DRAM
DRAM
辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:ディーラム
外語:DRAM: Dynamic Random Access Memory
品詞:名詞

トランジスタとそれに付随するキャパシタ(コンデンサー)で構成されるメモリー。安価、低速、低電力、大容量を特徴とする。

目次
概要

データはキャパシタに電荷として蓄えられるが、電荷は時間と共に放電されるため、定期的に再書き込み(リフレッシュ)をする必要がある。

どの程度の間隔おきにリフレッシュするかを「リフレッシュサイクル」あるいはリフレッシュ間隔という。リフレッシュとメモリーアクセスは同時にはできない、つまりリフレッシュ中にメモリーの読み書きはできないので、作業中には他のアクセスを待たせるためのDRAMリフレッシュアービター回路と呼ばれる回路も必要になり、こういった制御回路を総じて、メモリーコントローラー(回路)という。

8ビットマイクロプロセッサーの時代にはCPUにリフレッシュ用の回路が内蔵されていたが、メモリーが大容量になるにつれ、外部のプロセッサーで処理されるようになった。Intelのx86シリーズでは、16ビットマイクロプロセッサー32ビットマイクロプロセッサーの時代は外部で、そして64ビットになってからは再びCPUに内蔵されるのがトレンドとなった。

特徴
アドレス

通常のDRAMは、1アクセス毎にアドレスと内容を探しに行くため、時間が掛かる。

そのため、それを改善した各種の高速DRAMの開発や搭載も行なわれている。EDO DRAM、SDRAMといったものが、パーソナルコンピューターの分野では有名である。

データレート

一般のRAMは、クロックの立ち上がりで転送を行なう。

これに対し、クロックの立ち上がりと立ち下がりの両方で転送を行なう倍速データ転送を可能としたものがDDR(ダブルデータレート)のSRAM、つまりDDR SDRAMである。

種類

アクセス方法により幾つか種類があり、現在は次のようなものが開発されている。

EDO DRAM
アドレスを記憶することで高速化する
バーストEDO DRAM
内部にバッファーを持ち、バースト転送により高速アクセスを実現した
SDRAM
最初に場所をまとめて覚えておき、次から直接アクセスが可能になる。
CDRAM
一旦SRAMにアドレスを記憶させる。ランダムアクセスにも強い。
RDRAM
独自バスにより連続読み出しを高速化したもの。不連続なアクセスには弱い。
リンク
用語の所属
メモリー
RAM
関連する用語
DDR SDRAM
EDRAM
MDRAM
SRAM

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic