通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU
16ビットマイクロプロセッサー
辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:じゅうろくビット-マイクロプロセッサー
外語:16bit micro processor
品詞:名詞

一つの処理で16ビットの数値を扱うことができるマイクロプロセッサーのこと。

目次
概要
定義

明確な定義はないが、一般には、レジスター整数演算器データバスなどが16ビット幅であるものをいう。

時代

1980年代に登場し、主流となった。

16ビット時代のパソコンは8086/80286やNEC V30などが主流であったが、MacintoshやX68000などでは68000シリーズが使われた。

16ビット時代のゲーム機では、スーパーファミコンの65802などがある。

主なもの

主な16ビットマイクロプロセッサーに、次のようなものがある。

リンク
用語の所属
マイクロプロセッサー
16
関連する用語
レジスター
データバス
8ビットマイクロプロセッサー
32ビットマイクロプロセッサー
64ビットマイクロプロセッサー
128ビットマイクロプロセッサー

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic