通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 観測 > 観測プロジェクト > NASA > グレートオブザーバトリー
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > 宇宙施設・装置 > 人工衛星 > 宇宙望遠鏡 > X線観測
チャンドラ
辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:チャンドラ
外語:CXO: Chandra X-Ray Observatory
品詞:固有名詞

NASAX線天文衛星。1999(平成11)年7月にスペースシャトル・コロンビア号によって打ち上げられた。

NASAのグレートオブザーバトリー計画における望遠鏡衛星の第三機目で、X線領域を担当する。

チャンドラは、爆発した星の残骸などの宇宙の高エネルギー領域から発されるX線を観察するために設計された。

チャンドラの望遠鏡系は4対の鏡と、それを支える構造で構成される。X線望遠鏡は光学式望遠鏡とは全く違う。高エネルギーのX線の進路を変えるための技術が組み込まれている。

衛星の名前はアメリカのノーベル物理学者スブラマニアン・チャンドラセカールにちなんで名づけられた。

リンク
関連するリンク
Chandra X-Ray Observatory
NASA Chandra News
NASA Chandra X-Ray Observatory
用語の所属
宇宙望遠鏡
GOODS
観測対象
X線
関連する用語
NASA
スブラマニアン・チャンドラセカール

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic