通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > 宇宙施設・装置 > 探査機
宇宙望遠鏡
辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:うちゅう-ぼうえんきょう
外語:space telescope
品詞:名詞

地球の衛星軌道上などに打ち上げられる天体望遠鏡のこと。

目次
概要

開発、打ち上げ、メンテナンス等は地上に設置するものと比較して格段に難しくなり、要する費用も大きくなる。

しかし地球大気に邪魔されずに観測できるため、現在の観測天文学においては欠くことの出来ない重要な装置となっている。

γ線X線紫外線赤外線などは地球大気に吸収されてしまい地上まで届かないため地上での観測が難しく、大気圏外での観測が必要となる。このような波長での観測に、宇宙望遠鏡は大いに貢献してきた。

宇宙望遠鏡

主なもの。年は打ち上げた年。

リンク
用語の所属
望遠鏡
関連する用語
宇宙探査機

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic